• English
  • France
  • Japan
  • Hidi
宮崎県生まれ。1999年、ニューヨークで、ブティックMIEKOMINTZをオープン。織り、染め、刺繍など手仕事による素材を世界中から厳選しモダンで多様なフォルムを創造している。ビンテージのサリーから作ったカンタクロスによるオリジナルラインは、万華鏡のような色彩と物語性で着る人を魅了している。カンタは西ベンガル地方で4−500年続く伝統工芸です。このテキスタイルはヴィンテージサリーを数枚重ねて、全面にシンプルステッチ(刺し子)を施した物です。ヒンズー語で刺し子の事をカンタと言います。小さな村の女性達が日常の仕事として時間をたっぷりかけたハンドワークがカンタです。インドのサリーは色鮮やか、しかし、ヴィンテージサリーは微妙に色あせ、肌触りもとてもソフトです。特にミエコミンツのカンタはステッチの技術と仕上げで他には無いソフトタッチの仕上げになっています。なおヴィンテージのサリーの柄は勿論すべて一点物、だからこそカンタとの出会いはドラマティクでもあります。